スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Book



今回は音楽ではなく、小説の紹介です。


『The Book』

31985311.jpg


第四部『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の後日談を『乙一』とのコラボで小説化。



2000年、舞台は杜王町。

冬休みの終わる3日前、ぶどうヶ丘学園高等部1年の広瀬康一と漫画家・岸辺露伴はコンビニの前で血まみれの猫と遭遇する。

猫の飼い主を捜してたどり着いた先には家の中で車に轢かれた女性の奇妙な死体。

スタンド「ヘブンズ・ドアー」によって探り出した手がかりは「腕に赤い爪痕のある男子学生」。3ヶ月にわたる事件はこうして幕をあける。

そして、恋人の手によってビルとビルの隙間に突き落とされ、そこで生活することになった飛来明里。

不思議な革表紙の本を持つ蓮見琢馬と彼に惹かれる双葉千帆。

彼と彼女たちのストーリーは既に始まっていた。






まさか、この本が……とはね。。。

この後は、読んでみて下さい。




そしてマンガも読んでみて下さい。

僕とジョジョの奇妙なトークでもしませんか?


スポンサーサイト

New Age Steppers


Yah Man!!


OmmblaのBGMをちょいちょい紹介していきたいと思います。



今回は『New Age Steppers』

new.jpg

UKダブの鬼才Adrian Sherwood率いる『On-U Sound』の先鋭達17人が集まったプロジェクト。

ロック、パンク、レゲエ、ダブといったカテゴリーを遥かに越えた、前人未到の音楽。



このアルバムは『FOUNDATION STEPPERS』。

1st、2ndに比べてアルバムとしての完成度が高いですね!



けど、2ndも好きです。

vrt.jpg


是非、聞いてみるべし。

Adrian Sherwoodワールドにどっぷり浸かって下さい。


Marvin Gaye

OmmblaのBGMをちょいちょい紹介していきたいと思います。



今回は『Marvin Gaye』

k390288798.jpg



アメリカ出身の言わずと知れたソウル、R&Bシンガー。

多分、Ommblaで1番流してると思います。。大好きなんで。


このアルバムは有名な曲、良い曲ぎっしり詰まってて、もうお腹いっぱいです。



タミー・テレルとのデュエットの『Ain't No Mountain High Enough』は僕の大好きな映画のエンディングにも使われてました。


1970年、タミー・テレルは、ステージ上でデュエット中のマーヴィンの胸の中に倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまいました。

20代の若さで脳腫瘍。


マーヴィンは一時的に活動を休止させるほどショックを受けました。

パートナーの死を始め、様々な経験がマーヴィンの音楽性に影響を与えたのだろう。



その後、有名なアルバム『What's Going On』をリリース。

美しい楽曲と緻密なアレンジによる音楽性は絶賛を受けましたが、ベトナム戦争や貧困などの社会問題を取り上げた歌詞も衝撃を与えました。



『I Want you』も好きです。

marvin-gaye-i-want-you-front.jpg


ジャケもカッコいいですよね!

Ernie Barnesの『SUGER SHACK』。




去年、沖縄に行った時『SUGER SHACK』というBARに行きました。

カウンターの奥には壁一面の絵画。

20100807064248e71.jpg

『I Want you』のジャケが大きく書いてありました。

店内にはErnie Barnesの作品がズラリ。


かなりイカしてます!!


せっかくなんで、『I Want you』をリクエストして酒を飲みました。

最高ですよ!!

201008070652289f6-1.jpg


那覇に行ったら絶対に行くべし。



それはさておき、そんな大好きなマーヴィンは僕の産まれた1年後に、自宅で父親と口論になり、逆上した父親が彼に対して発砲。
マーヴィンはそのまま帰らぬ人となりました。

皮肉にも父親が発砲した銃は、生前マーヴィンがプレゼントしたものでした。




長い月日が経っても、マーヴィンの楽曲は古さを感じさせない素晴らしい楽曲ですね。

今日もまた聞こうかな♪






The Brian Setzer Orchestra




OmmblaのBGMをちょいちょい紹介していきたいと思います。



今回は『The Brian Setzer Orchestra 』

201010181344000.jpg

元Stray Cats。

これがまさにロカビリーです!

楽しいアメリカンダンスパーティーに参加しているような気分になれます。


このアルバムは『The Dirty Boogie』

9曲目の『Since I Don't Have You』はGuns N' Rosesがカバーしてますね。

Guns N' Rosesのアレンジもカッコいいです!











Lauryn Hill






OmmblaのBGMをちょいちょい紹介していきたいと思います。



今回は『Lauryn Hill』


201009071655001.jpg


以前紹介した『The Fugees』とかぶるけど。。

昨日、Ommblaに来てくれたコロンビア人の女の子が、『The Fugees』流したら、ノリノリで『Killing Me Softly』を口ずさんでました。







それはさておき、『Lauryn Hill』

「ラップ」の認知を「歌」と同レベルに引き上げた、90年代を象徴する存在のひとりとなったアーティスト。

夫はボブ・マーリーの息子で元フットボール選手のローアン・マーリー。




先日、映画『BLOCK PARTY』久々に見ました。

これぞHIPHOP!

やはり凄い!





そして『天使にラブ・ソングを2』が大好き。

何回見ても感動します。

最後の『ジョイフル・ジョイフル』


リタの歌声、アマールのキレイな高音、フランケイとスケッチのラップ『GOD!!』、ダイアナキングみたいなタニアもイイ感じです!





エンディングのMarvin Gayeの曲も最高です!

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。