スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカの経済

こんにちは。
にっぺです。

今回は経済のお話。

今、アフリカは急成長しています。
新興国というのは多くの日系企業にとっては、生産拠点とされ
市場としては未成熟とされてきました。
しかし今、状況は変わっていて、中間所得層と呼ばれる層が年々増加しています。

所得が増える、ということは市場としての価値はますます高まります。
質の高いメイドインジャパンを売り込む商機がアフリカにはあるということです。

話は変わりますが、日本はデフレで価格競争を勝ち抜いたものが
シェアをのばしてきました。
その代表格がファストファッションです。
このファストファッションを支えているのは新興国の若い労働力です。
価格を抑えることに重点を置くため、労働環境は決して良いとは言えません。
しかし、この恩恵を受けて来たのはまぎれも無く先進国の消費者です。

私たち20代はこの世に生を受けてから景気が良かったことがありません。
いかに安くすませるか。
そんなことを日々訓練されてきました。
そんな世代が今後質の高い物を見極められる目を養うのはとても難しいです。
価格が高い物=質の高いもの ではありません。
しかし、物を大切にするということはできます。
今一度使い捨てではなく、生産者に思いを馳せ、物を大切にすることで
過酷な労働環境で仕事をこなす彼らに少しでも貢献できればと思い、
この記事を書きました。

要するに、アフリカに限らず新興国の労働環境の改善をし、
今一度質の高い物を全世界で消費することで、労働環境の改善をし
ひいてはメイドインジャパンを広く世に広めるチャンスにさえなると思います。

みなさん、もっと物を大切にしましょう!!


NP


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://ommbla.blog91.fc2.com/tb.php/658-5255461e

コメント

同感そして
 とても良い意見です。アフリカは相当、中国にやられてますが若さのある大陸ですから、今後期待がされます。
問題は別にあって政情の安定と民主主義のエネルギーが、安定することですね。
 と同時に、教育でしょう。識字率を高めないがしろにされている女性の人権が確立すれば素晴らしい世界が
生まれます。皆さんは、バブルを体験してませんが、体験してしまった人たちは、一度どん底に落ちると這い上がれません。
そういう意味では、体験しないほうがいいのかもしれません。教育にこそ、良い国になっていくチカラがあるのです。
  あなた達若い人に、期待をして、我々大人は、背中を押すでしょう。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。